光ファイバの低損失世界記録を更新、および極低損失光ファイバの出荷開始

2013年05月07日

20年以上の実績を有する純石英コア光ファイバの量産技術と、新たに開発した低損失化技術を組み合わせることで、世界記録となる0.149dB/km(波長1550nm)の光ファイバの開発に成功しました。これは当社の持つ世界記録を11年ぶりに更新するものです。

  この技術により、現行の「Z-PLUS Fiber」の伝送損失典型値0.16dB/kmを0.154dB/kmまで改善した「Z-PLUS Fiber ULL」と、さらにその実効コア断面積を標準的な光ファイバ対比約1.6倍にまで拡大して高光入力に対応させた「Z-PLUS Fiber130 ULL」の新製品の出荷を開始しました。

詳しくはこちらをクリックしてください。

ページの先頭へ