技術論文:地下配線用単心40 心/ 100 心型光ケーブル開発をSEIテクニカルレビューに掲載致しました。

2012年07月27日

2011年9月末時点の日本国内の全ブロードバンド契約数は3600万加入を越え、その内光ファイバを用いたFTTHサービスは全体の約60%を占める2142万加入に達している。FTTHの普及に伴う光需要の拡大により、光ケーブル網の構成も多様化しており、従来は架空に布設/設置されてきた配線ケーブル及びドロップ分配点を地下区間にも適用することが検討された。地下区間に布設するケーブルには、暗所作業性、防水特性等の架空ケーブルとは異なる性能が要求される。本紙ではこれらの要求に応えて開発した地下配線用40心/100心ケーブルについて紹介する。

詳しくはこちらをクリックしてください。

ページの先頭へ