急速に技術革新が進むFTTH宅内配線。
伝送方式にあわせて、最適な配線モデルを選択します。

2心3波モデル

ネットワーク構築のポイント

映像信号と通信信号を別々に、2心ファイバで伝送するモデルです。

軒下V-ONU設置

1

軒下にV-ONUを設置。宅内へは、映像は同軸ケーブルで送信し、通信信号は光ケーブルで送信します。

2

光ケーブルの宅内配線では、「インドアケーブル」を「光ローゼット」または「光アウトレット」で一度引きとめ、そこから「PureFlex-slimケーブル」でD-ONUまで接続します。

3

PureFlex-slimケーブル」を使用することで、信頼性が高く、かつ自由な配線を実現できます。また、接続コネクタを「シャッタ付きSCコネクタ」とすることで、端面汚れや光の漏れを防止できます。

保守時のポイント

1

「軒下用光キャビネット」内の接続をクイックSCで行えば、分界点を設けることができ、保守作業が容易になります。

2

室内に「光ローゼット」や「光コネクタケース」を設置し、分界点を設けることにより、宅内の保守作業が容易になります。

住友電工の宅内配線用製品

1心3波モデル

ネットワーク構築のポイント

映像信号と通信信号を一緒に、1心ファイバで伝送するモデルです。

宅内V-ONU設置

1

軒下にV-ONUを設置。宅内へは、映像は同軸ケーブルで送信し、通信信号は光ケーブルで送信します。

2

宅内設置のV-ONU内蔵のビデオフィルタで映像信号と通信信号を分波。映像は同軸ケーブルで送信し、通信信号は「インドアケーブル」で送信します。

保守時のポイント

3

「光コネクタケース」を使用することで宅内での断線修理、ONU位置変更等が容易に行えます。

住友電工の宅内配線用製品

ページの先頭へ